Welcome to my blog

ゆずにゃんちぃ

 気ままな8ニャンズと猫好き一家

 強制的なご飯だけど

201603260852140.jpg

実家のわんこのロック(14歳)
年末からほぼ歩けなくなりました。
獣医さんでは老化だから覚悟しなさいと
言われたそうです。

現在、食事も自力では食べれません。
水は口元に持って行くと自力で飲めます。

ほぼ歩けないながらも
庭に出ておしっこをすることは出来る。
(本能って凄い!)
すぐへたってうつ伏せになってしまうけれどね。

体勢を変えることは出来ないので
口輪をして抱っこをして体勢を変える。
昔から抱っこが嫌いで抱かれると怒って噛み付くので
可哀想だけど仕方ない。

そしてご飯。
自分からは食べなくなってもう1ヶ月以上。
仕方ないの離乳食のようなものを
注射器で無理やり口に流し込む。

あんなに食べるのが大好きだったのに
何も食べたくないようだ。

ロックの面倒は母親が見ているので
まるで老々介護・・・。

毎日寝不足らしいが
もう少し頑張るそうだ。

我が家からは車で1時間。
なかなか行けないけれど暇を見て
ロックを構いに行こう!!

今日は夫婦と3男で行ってきた。
反応してたから分かったかな?

名前を呼んだらトコトコ寄ってきたのがなつかしい。

強制的なご飯は延命になるかもだし、
たぶんロックは嫌がっている。

でも嫌でも強制的ご飯をやめる選択肢はない。

エゴか?
自己満足か?

続けるも止めるも・・・。
悩んでも答えはでないんだろうなぁ。

今は母親が納得するようにするしかないんだろうな。

頑張れ!ロック!!

0 Comments

Add your comment